メインビジュアル
  • トップ >
  •  NASのデータ復旧に成功した体験談

パソコン01
私は建築会社向けの資材販売の営業をしているのですが、先日お付き合いのある工務店様に納品と商品の提案にお伺いしたところ、社長が今立て込んでいて少し遅れるとのこと。
いつもと違い社内の様子もバタバタしているからなにかなと思ったのです。

勿論社長にアポイントをとっていましたが、社長がようやく現れたのは約束の時間から1時間くらいたったころでした。 なにかあったのですか?と聞くと、図面やらなにやら全てを保存しているハードディスクが故障して、データが全て消えてしまっているかもしれないとのこと。
対応をしていたがどうにもなりそうにない。今すぐに必要なデータが保存されていてどうしたらいいのか、と頭を抱えていました。
実は私は前職で社内SEをしていた経験があり、そういったことには多少の知識があったのです。 そういったトラブルの場合、データ復旧をしてくれる会社があるのをご存知ですか?と言ったところ、「なにそれ?詳しく教えて!」とのこと。

データ復旧業者とは

社長にデータ復旧業者について説明をしました。話を聞いたところハードディスクはNASとして使っているらしく、複数の端末で共有していたようでした。流石にバックアップはとっているだろうと思ったのですが、バックアップはとっていないとのこと。
社員がパソコンを持ち出すこともあるため、データはローカルに保存させず、全てそのNASに保存していたとのこと。
これはもうデータ復旧業者の出番だなと思い、社長と一緒にどこに依頼をすればいいのかネットで検索。

ネットの口コミサイトが便利

こういう時にネットの口コミサイトや比較サイトは便利ですね。状況にあった復旧業者がすぐに見つかりました。時間はもう17時を過ぎていましたがどうしても今日中に対応してほしいとのことで探しました。 結局は日本データテクノロジーという会社が復旧率も高く評判もよかったので、早速社長が電話をしていました。
その日は自分も次のアポイントがあったので後にしたのですが、気になっていたので1週間後くらいに電話をしたところ、おかげさんで次の日にはデータが戻ってきたよ!とのことでした。「君の助言がなかったらもっと時間がかかっていたかもしれない。ありがとう」と感謝していただきました。